口臭 予防 おすすめ

MENU

悪臭バイバイ

昔から口臭に悩まされていました。

 

 

自分で吐いた息がどんな臭いなのか、分からなかったのですが、一日中着けていたマスクや飲んだ水筒の口の部分を臭うと、ひどい悪臭が漂っていました。

 

 

口からこんな臭いがしているのかと思うと、人と話をする事が怖くなっていました。

 

 

そこで口臭を解消しようと、こまめに歯磨きをしたり、ガムを食べたりしていましたが、根本的な解消を図る事が出来ませんでした。

 

 

ある日、テレビで舌苔が口臭の元になるという特集がありました。

 

 

自分の舌にもたくさんの舌苔があり、これを除却すると口臭がマシになるのではと考えました。

 

 

歯磨きの度に、歯ブラシ優しくブラッシングしていくと、一時的ではありますが舌苔を綺麗に落とす事が出来ました。

 

 

少しは口臭の臭いがマシになったような気がしましたが、マスクや水筒から臭ってきた悪臭は相変わらずでした。

 

 

それから色々考えた結果、もしかして虫歯が原因で口臭が強いのかもと思い、歯の痛みなどはありませんでしたが、検診を兼ねて一度歯科を受診する事にしました。

 

 

診察の結果、虫歯はありませんでした。

 

 

「なんだ虫歯が原因ではなかったのか。」と思いながら、診察後、歯科助手の方に歯のお掃除をしてもらっていた所、いつものあの悪臭が漂ってきました。

 

 

これは一体何だと考えていると、歯科助手の方から「歯の隙間や歯茎の奥に歯垢がたくさんありますね。

 

 

これには雑菌が多く含まれているので、口臭や歯周病の原因になりますよ。」と話がありました。

 

 

その歯垢を顕微鏡で見せて頂くと、なにやら気持ち悪い細菌がウジャウジャとしていました。

 

 

こんな物があったらそりゃ臭いわけだと思い、それから毎日、フロスを使って歯の掃除をするようになりました。

 

 

特に親知らずの歯垢の臭いを嗅ぐと、いつものあの臭いがしていて、自分の口臭の原因は歯垢が溜まり、それがどんどん古くなっていたのが原因だと分かりました。

 

 

そのおかげで、8割くらいの悪臭を消せる事が出来ました。

 

 

ですが、あと2割は消せず、他にも悪臭につながっている原因がないかを考えながらも分からずにいました。

 

 

そんなある日、歯を磨こうと歯磨き粉を絞ると、空になっていました。

 

 

ストックを探すも見当たらず、仕方がないので、何もつけずに歯磨きし、しっかりと水で口をすすぎました。

 

 

いつものようなすっきり感がなく、今日は口臭がするかもしれないから特に気をつけようと思い、仕事に向かいましたが、その日はあの悪臭がまったくせず、口の中が完全な無臭状態でした。

 

 

歯磨き粉はどれでも同じだと思い、一番安価な物を使用していたので、もしかして、あの歯磨き粉が最後の原因なのかもと考えました。

 

 

その後、無添加の歯磨き粉に切り替えた所、悪臭を完全に消し去る事が出来ました。

 

 

今では口臭に悩むことなく、楽しい日々を過ごす事が出来ています。